MENU

樟徳館

しょうとくかん

大正モダンな邸宅は国の登録有形文化財

樟蔭学園(大阪樟蔭女子大学の経営母体)の創設者である森平蔵の邸宅として1932年(昭和7年)に建てられた木造建築。主屋など6つの建物は、国の登録有形文化財です。
主要な建築資材となる原木は三陸、木曽、吉野、日向といった著名な産地から取り寄せられています。主屋は松、仏間は杉や檜が用い、日本全国から棟梁が呼び寄せられ、技術を競わせたといわれています。特に内装の意匠は和洋折衷で、大正モダン文化の影響が見られます。

東大阪体感まち博 2018プレ
「昭和の名建築樟徳館で特別スイーツを楽しむ」
http://hta.deci.jp/Machihaku/1118shoin/

東大阪体感まち博 2018プレ
「「樟徳館」でキャンドルナイト&Teaの夕べ」
http://hta.deci.jp/Machihaku/kyandoru/

お店の基本情報

  • 大阪府東大阪市菱屋西2-4-12
    近鉄大阪線長瀬駅から徒歩6分
    JRおおさか東線JR俊徳道駅から徒歩12分
  • 定期一般公開日による
  • 定期一般公開日による
駐車場

No parking lot
外部リンク http://www.osaka-shoin.ac.jp/culture/shoutoku_images/