ラグビーのまち×観光

HOME > ラグビーのまち×観光

ラグビーのまちを生かした「ラグビー(スポーツ)」観光の推進

ラグビー観光戦略の策定と推進

高校ラグビーの聖地「花園ラグビー場」を生かしたスポーツツーリズムを展開するため、長期的な戦略を策定し、推進。
「HANAZONO」を有する地であるがゆえに創出できる世界的価値で、東大阪への来訪客を増やす。

聖地・花園での春合宿

昨夏に実施した需要調査において、大学78.6%、高校58.8%が花園での合宿に関心を示している。
特に、選手のモチベーション向上の効果が期待できる聖地での合宿の実現を目指す。
 

image01

ノーサイドのまち

ラグビーの試合終了後、敵味方を区別せずに相にたたえ合い、飲食をともにするラグビー文化「アフターマッチファンクション」を、市域飲食店の協力を得ながら根付かせていく取り組みを進める。

image02

(仮称)「マスターズ花園」の創設

聖地・花園での高校ラグビー経験者のOB戦。
地方予選で勝ちあがったチームによる決勝トーナメントの開催など、全国的規模の大会を創設する。
 

image03