リポート

HOME > リポート > 花園の遺産がメモリアルグッズに!「RE:MEMBER花園ラグビー場」プロジェクトとは?

花園の遺産がメモリアルグッズに!「RE:MEMBER花園ラグビー場」プロジェクトとは?

投稿日時:2017/12/11
[リポート ─ お土産]

2019年のラグビーワールドカップ開催に向けて、現在改修工事中の東大阪市花園ラグビー場。花園でのプレー経験者や、観戦されたことがある人。たくさんの人の思い出を記憶する花園の遺産が、メモリアルグッズになっていることをご存知でしょうか?その名も「RE:MEMBER花園ラグビー場」プロジェクトです。


実際に使用されていた指定席座面のスツールや、座席プレートを再利用したキーケースなど、あの日の思い出がよみがえるメモリアルグッズは全部で10種類。

担当者の一押しは、甲子園の土ならぬ、花園ラグビー場で実際に使用されていた土と芝生の種のセット。「ミニ花園ラグビー場セット」です。実際に芝生を踏みしめた、プレー経験者向けかもしれません。花園を手のひらサイズで楽しめます。
また、指定席を再生した時計「花園シート時計」は過去と未来が共存。あの頃の思い出と、これからの時を刻みます。こちらは限定30個!

「モノづくりのまち」を代表する企業や花園を愛する人々が手を組み、生み出されたグッズたち。商品は「チケットぴあ」からお買い求めいただけます。この機会に、ぜひRE:MEMBERしてください。

ちなみに、東大阪市役所1Fではグッズの展示を行っています。年末年始、花園ラグビー場にて開催の高校ラグビーでも展示予定。そう、リニューアルはまだまだ先ですが、高校ラグビーの会場として、一旦使用されるのです。工事中の花園、ある意味貴重かも。ぜひお越しください!