リポート

HOME > リポート > 東大阪のモノづくりがギュッと詰まった!「モノづくりフェスタ」を開催しました。

東大阪のモノづくりがギュッと詰まった!「モノづくりフェスタ」を開催しました。

投稿日時:2018/08/29
[]

8月26日(日)、フレスポ東大阪2Fにて「モノづくりフェスタ」を開催しました。
ものづくりのまちを子どもたちに広めるこのイベント。
「端材バイキング」はじめ、ダンボール相撲&もぐらたたき、大阪府立城東工科高等学校生徒による焼き芋販売、東大阪企業展示会を実施し、大盛況でした。


メインイベントの端材バイキングでは、東大阪の町工場から出た端材を使ってロボットを作りました。ミノル化学工業のプラスチックケース、日本化線のなどワイヤーなど、10社以上の製造時に出た切れ端・ロス=端材がフレスポ東大阪に大集合。

半田ごてを使った溶接やドリルでの穴あけは、城東工科高校の学生スタッフが担当し、会場には「モノづくりの音」が響いていました。

プラスチックケースを活かしたケース型ロボットや、バネを使ったびっくり箱風ロボットなど様々なデザインが完成。
参加した子どもたちからは「これって何の材料?」と、端材に関心を示す声が聞こえました。

また、会場ではダンボール相撲&もぐらたたき(協力:東大阪中小企業会長倶楽部)、焼き芋販売、東大阪企業展示会を実施しました。
大きなダンボールでのトントン相撲は迫力抜群!

もぐらたたきは、ダンボール内にスタッフが入り、穴からヘルメットを出して叩いてもらうという趣向をこらしたもの。

焼き芋販売ではアイスクリームも一緒に販売され、参加者にはアツアツとキンキンのマリアージュを味わっていただきました。

会場は常に参加者でにぎわい、たくさんの親子に楽しんでいただきました。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました!