リポート

HOME > リポート > ワールドカップに向けてできることを 花園高校生が野田市長に提言

ワールドカップに向けてできることを 花園高校生が野田市長に提言

投稿日時:2018/04/13
[リポート ─ 観光]

4月9日(日)、東大阪市役所5階危機管理センターにて、当機構と大阪府立花園高校が合同で実施していた連携事業について野田義和東大阪市長にプレゼンテーションを行いました。
実施してくれたのは、花園高校の生徒の皆さん。学内の「進路探求プログラム」内で実施し、考えた結果を野田市長に説明します。


まずは、会場である危機管理センターの説明を、東大阪市企画室の竹本大雄室長から。
その後、高校生たちから活動内容をパワーポイントの資料を使いながら。さらに具体案から実施への問題点まで丁寧に提示されました。

発表のテーマは大きく2つ。まずはラグビーに関すること。もう一つは商店街の活性化。

昨年11月のキックオフから、ワールドカップにあわせて東大阪市に来られた方を、どうやってもてなすかを考える授業を実施。

年末・12月の高校ラグビー大会では開場前でアンケート調査を実施しました。続けて2月には、実際に花園本町商店街の店主の皆さんにヒアリング。綺麗事だけでな無い地域商店の厳しさや意気込みを伝え聞いた高校生たち。
その成長の過程をまとめられたのが今回のアイデアです。

具体策として提案されたのは、
・商店街のシャッターに絵をペインティングする
・SNSを使って発信する
・まちのゴミ箱を”インスタ映え”するデザインにする
など、高校生目線のものばかり。また、花園高校には国際教養科があることから、英語などの外国語への対応にも言及します。

緊張感ある発表を終えると、質疑応答時間です。
自身も花園高校OBである野田市長は、2015年ラグビーワールドカップイングランド大会時に訪れた町並みの美しさを力説。
「クリーンは重要なキーワード」
と力強い寸評もいただきました。

今回の連携事業により生み出されたアイデアから、実現可能性も踏まえ当機構では実行を検討していきます。
ご協力いただきた皆さま、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。