観光

HOME > 観光

スポット

司馬遼太郎記念館

司馬遼太郎記念館

住所 東大阪市下小阪3-11-18
アクセス 近鉄奈良線「八戸ノ里駅」下車 徒歩約8分
近鉄奈良線「河内小阪駅」下車 徒歩約12分
URL http://www.shibazaidan.or.jp/

大阪商業大学商業史博物館(谷岡記念館内)

谷岡記念館

住所 東大阪市御厨栄町4-1-10
アクセス 近鉄奈良線「河内小阪駅」下車 徒歩5分
URL http://ouc.daishodai.ac.jp/museum/

田辺聖子文学館(大阪樟蔭女子大学図書館内)

館内写真

住所 東大阪市菱屋西4-2-26 大阪樟蔭女子大学 図書館内
アクセス 近鉄奈良線「河内小阪駅」下車 西へ徒歩5分
JRおおさか東線「JR河内永和駅」、近鉄奈良線「河内永和駅」下車 東へ徒歩7分
URL http://bungakukan.osaka-shoin.ac.jp/

鴻池新田会所

会所

住所 東大阪市鴻池元町2-30
アクセス JR学研都市線(片町線)「鴻池新田駅」下車 南東に徒歩5分
URL http://www.bunkazaishisetsu.or.jp /kaisho/

旧河澄家

旧河澄家

住所 東大阪市日下町7-6-39
アクセス 近鉄奈良線「石切駅」より徒歩約20分
近鉄けいはんな線「新石切駅」より徒歩約20分
URL http://www.kyu-kawazumike.jp/

枚岡神社

枚岡神社

住所 東大阪市出雲井町7-16
アクセス 近鉄奈良線「枚岡駅」下車 すぐ
URL http://hiraoka-jinja.org/

石切劔箭(つるぎや)神社

絵馬殿正面全景

住所 東大阪市東石切町1-1-1
アクセス 近鉄けいはんな線「新石切駅」下車 徒歩7分
近鉄奈良線「石切駅」下車 徒歩15分
URL http://www.ishikiri.or.jp/

瓢簞山稲荷神社

瓢簞山神社

住所 東大阪市瓢簞山町8-1
アクセス 近鉄奈良線「瓢簞山駅」下車 南へ徒歩3分
URL https://www.facebook.com/瓢簞山稲荷神社-146214722214392/

往生院六萬寺

往生院六萬寺

住所 東大阪市六万寺町1-22-36
アクセス 近鉄奈良線「瓢簞山駅」下車 徒歩
URL http://oujyouin.com/

枚岡公園

枚岡山展望台さくら

住所 東大阪市東豊浦町12-12
アクセス 近鉄奈良線「枚岡駅」または「額田駅」下車 東へ700m
URL http://www.osaka-park.or.jp/nanbu/hiraoka/main.html

暗峠(日本の道百選)

暗峠

住所 東大阪市東豊浦町
アクセス 近鉄「枚岡駅」から東へ徒歩1時間(山道)

暗越奈良街道の雰囲気を残す石畳の国道。「大阪まちなみ百景」「日本の道100選」に選ばれています。

東大阪市花園ラグビー場

東大阪市花園ラグビー場

住所 東大阪市松原南1-1-1
アクセス 近鉄「東花園駅」から北に徒歩10分
近鉄「吉田駅」から南に徒歩25分
URL http://www.city.higashiosaka.lg.jp /0000019019.html

ドリーム21(児童文化スポーツセンター)

ドリーム21(児童文化スポーツセンター)

住所 東大阪市松原南2-7-21
アクセス 近鉄「東花園駅」から北東に徒歩15分
URL http://www.dream21. higashiosaka.osaka.jp/

東大阪市民美術センター

東大阪市民美術センター

住所 東大阪市吉田-7-22
アクセス 近鉄「東花園駅」から北に徒歩10分
近鉄「吉田駅」から南に徒歩25分
URL http://higashiosaka-art.org/

東大阪ラーメンスタンプラリー 【店舗紹介その1】

投稿日時:2017/12/13
[リポート ─ 観光, グルメ]

11月下旬から「東大阪ラーメンスタンプラリー」が開始されています。東大阪にある人気ラーメン店中、17店舗が対象。対象の店舗で飲食しスタンプを3つ集めると、先着100名様に特製トレーディングカード「バイオカード」のトライくんラーメンVer.をプレゼント。さらにその中から抽選で、豪華ラーメン&トライくんグッズが当たる特典も。今回は、対象店舗から3店舗を紹介していきます。


◆麺屋TRY
東大阪市役所にほど近く、荒本駅から徒歩1分の場所にある「麺屋TRY」。東大阪市民には馴染み深いその店名から思わずリピートしてしまいます。もちろんラーメンも絶品でとんこつスープのこくと麺の相性バッチリ。トッピングされているたけのこと、大きくとろとろのチャーシューも魅力的です。ランチタイムならおにぎりが2つまで無料になるサービスもあり、満足度も申し分なし。


 

◆布施 細見商店
布施駅からほど近くアクセス抜群。行列が絶えない人気ラーメン店です。おすすめメニューは「金の麦味噌」。黄金に輝くスープを口に運ぶと麦味噌の香りと甘みが広がり箸が止まりません。麺は細麺、太麺、全粒粉がありラーメンにあった麺をチョイスすることができます。つけ麺、期間限定メニューと、どれをとっても最高クラスの味が楽しめる名店です。


 

◆麺屋 和人
小阪駅から徒歩1分。自家製麺と深みのある魚介スープが特徴で、繊細な味わいのラーメンが楽しめます。店内にはWi-Fi、机には充電ケーブルまで完備され、快適空間が広がります。席に備え付けられた引き出しを開けると、ブラックペッパーやバジルなど5種類の調味料があり、自分好みの一杯にカスタマイズすることも可能。今までにはなかった次世代のラーメン空間を楽しむことができます。


 

スタンプラリーは2018年1月31日まで開催します。どの店舗に行くもあなた次第。もちろん全店舗コンプリートするのもOKです。対象店舗は数回に分けて紹介していくので、今後もお見逃しなく。

 

■麺屋TRY
住所:東大阪市荒本2-36
営業時間:10:30〜23:30
定休日:不定休
TEL:06-4309-5770

■布施 細見商店
住所:東大阪市足代新町8-2
営業時間:11:30〜14:30、18:00〜24:00
定休日:月(祝日の場合翌日)、日曜夜
TEL:06-6224-7068

■麺屋 和人 河内小阪店
住所:東大阪市小阪本町1-3-2 1F
営業時間:11:30〜14:30、17:00〜22:00
定休日:月、12/31、1/1
TEL:06-4309-8810

地元東大阪市ならではの体験を売るには?~「着地型観光ワークショップ」に参加して

投稿日時:2017/04/06
[リポート ─ 観光, イベント]

東大阪ツーリズム振興機構リポーターの石山です。最近各地で話題の「着地型観光」についてのワークショップがクリエイションコアで開催され、参加させていただきました。
東大阪市へたくさんの方に来訪してもらうための地元ならではの観光資源を生み出そうと、意見を出し合うこと約2時間。いまだ知らない東大阪市を紹介する面白い案が色々発表され、東大阪市の新たな観光まちづくりに夢がふくらみました。

「着地型観光」という言葉、最近よく耳にしませんか?地域ならではの特性を生かした体験プログラムを企画し、「モノ消費(買い物)」でなく「コト消費(体験)」に重点を置いた観光が注目されています。「ここに来ればこんな体験ができますよ!」と旅人に地域の魅力を提案して地元を推していこうという、お客様を呼び、着いてから楽しんでいただこうという考え方です。
まず、「東大阪市には“お客様を呼べるような”観光資源があるのか考えよう」というところからワークショップが始まりました。企業の方が少なかったのが残念でしたが、さすがこのテーマで集まったメンバーです。地元愛あふれる方々のオリジナリティ満載の各自の案が書き起こされました。
そこからチームごとに選んだ案が発表されたのですが、まだまだ知らない東大阪市の魅力がいろいろな角度から提案されていて、発表されたもの以外を見るチャンスが無いのが少々残念でした。
こういった東大阪市の知る人ぞ知る地元情報を、どうしたら地域のみなさんに知ってもらい楽しんでもらえるのかをまず考えるべきなのかなと参加者全員が思っていたのではないでしょうか。
これは、結果的に観光客にもアピールすることにもなると思います。そこに「東大阪ツーリズム振興機構」の貢献が期待されるということでしょう。いっしょにがんばりましょう!
ちなみに私の案は、画材メーカーさんに「東大阪色どり○○」といった、5色組くらいの画材を春夏秋冬の4バージョンで作っていただき、それを持ってその季節オススメの東大阪市ポイントに出かけ、ちょっとしたアート作品を作っていただくという案を提案しました。親子や友達でみんな違う作品ができるので感性の違いを感じつつ、旅のお土産にもしてもらうというものです。実現できるといいな~

 

<リポーター:石山>

「モノづくりのまち東大阪」を体感、工場や名所を巡るモニターツアー開催

投稿日時:2017/03/23
[リポート ─ 観光, イベント]

東大阪の魅力を体感していただく新たな仕組み作りに向け3月18日、市内のモノづくり現場と名所を巡るモニターツアーを開催し、延べ60人が参加しました。

市内ではこれまで、大阪モノづくり観光推進協会がモノづくり企業の社長講演や工場見学、モノづくり体験などの「モノづくりツアー」を企画し、修学旅行生を中心に年間約6000人の団体客を受け入れてきました。しかし、工場見学は個人での参加がむずかしいもの。そこで、個人の方にも楽しんでいただける新しいツアーを作るため、市内の名所巡りも盛り込んだモニターツアーを開催し、8歳から88歳まで延べ60人が参加しました。

 

午前のコースは、有名ブランドの店舗内装や鉄道車両、モニュメントなど、国内外で目にするさまざまなステンレス製品の加工を手掛ける野田金属工業を見学。「17歳のときに終戦直後の何もない満州で、生きるために作った鍋がモノづくりの原点」という野田邦雄会長の話に参加者らは聞き入っていました。

 

次に、街中が菜の花で彩られた八戸ノ里へ移動し、グリコのおもちゃデザイナーで画家としても活躍した宮本順三さんの記念館「豆玩舎ZUNZO(おまけやズンゾ)」を見学。そこでは折る刃式カッター「オルファ」の創業兄弟の一人・岡田三朗さんの指導を受けながらオルファカッターを使ってランプシェードづくりも体験しました。最後に歩いて司馬遼太郎記念館を訪れ、庭や館内を見学して午前の部が終了しました。
 

 

午後のコースはまず鴻池新田会所を訪れ、重要文化財の修復などを手掛ける鳥羽瀬社寺建築の棟梁・鳥羽瀬公二さんから建築の伝統技法について学びました。その後参加者らは、実際にのこぎりやのみを使って、鴻池新田会所の貫(ぬき)に使われる継手の一つ「略鎌継(りゃくかまつぎ)」に挑戦。土間にはヒノキの香りが広がっていました。

 

最後は石切方面に移動し、河内木綿はたおり工房で卓上ミニはたおり機を使ったコースター作りを体験。そのあと飲食店や占い、漢方薬など約100店が立ち並ぶ石切参道商店街で買い物を楽しんだり、石切さんをお参りしたりしてツアーが終了しました。

 

午後のコースに参加した50代の女性は、「話を聞いて写真を撮るだけでなく、体験することで思い出が強く残るし、また参加者が広めていけると思うのでいい試みだと思う。匠の技が間近で見られてよかった」と話していました。

 

東大阪ツーリズム振興機構では今回のモニターツアーのアンケートをもとに、市内の企業や施設と連携して、個人や海外の方にも楽しんでいただける魅力あるツアーを企画していきます。

 


 

<取材先一覧>

野田金属工業株式会社
http://www.art-noda.jp/

宮本順三記念館 豆玩舎ZUNZO
http://www.omakeya-zunzo.com/

司馬遼太郎記念館
http://www.shibazaidan.or.jp/

鴻池新田会所
http://www.bunkazaishisetsu.or.jp/kaisho/

株式会社鳥羽瀬社寺建築
http://www.tobase-syaji.co.jp/

石切参道商店街
http://www.isikiri.com/

河内木綿はたおり工房
https://genki365.net/gnkh17/mypage/index.php?gid=G0000082