グルメ

HOME > グルメ
  • image001
  • image002
  • image003
  • image004
  • image005
  • image006
  • image007
  • image008
  • image009
  • image010
  • image011
  • image012
  • image013
  • image014
  • image015
  • image016
  • image017
  • image018
  • image019
  • image020
  • image001
  • image002
  • image003
  • image004
  • image005
  • image006
  • image007
  • image008
  • image009
  • image010
  • image011
  • image012
  • image013
  • image014
  • image015
  • image016
  • image017
  • image018
  • image019
  • image020

今すぐ入れる お店がわかる!AMF アフターマッチファンクション 東大阪グルメナビ

東大阪おもてなしメニュー“ラグビーめし”認定!

東大阪で麺を食べるならココ!地元学生やサラリーマンに人気のおすすめ麺店3選

投稿日時:2017/10/13
[リポート ─ グルメ]

東大阪は4つの大学があり、高校の数も多く学生が集まる地域。また、モノづくりのまちと言われるだけあり、工場の事業所は6000を超えるなど全国でもトップクラスです。東大阪に本社をもつ大企業も多数存在し、日々多くの人が働いています。そんな人たちの力の源になるのはおいしいグルメ。その中でも今回は学生やサラリーマンに人気がある麺店についてご紹介します。東大阪にある多くの麺店の中から、3店舗を厳選してみました。


【麺屋 和人】



◆おすすめメニュー

東大阪の人気麺店をご紹介。まずは、河内小阪駅からすぐのところにある「麺屋 和人」です。おすすめメニューは「和人ラーメン(880円)」。昆布、煮干し、サンマ節で出汁を取った黄金に輝く魚介ラーメンです。鶏を使用したチャーシューには、タレと塩の2種類の味が楽しむことができます。また、ラーメン界で人気の油そばも味わうことができます。


◆おすすめポイント

各テーブルにある引き出しを開けると、ブラックペッパーやバジル、ガラムマサラなど5種類の調味料があり、お好みの味にすることも可能。お店では、スマホの充電コードやFREE Wi-Fiまで完備され環境客にも嬉しいポイントが盛りだくさんです。さらに黒烏龍茶やキムチ無料。小さいお子様の為にも、チャイルドシートもあるのでママ友とランチ会しても大丈夫!今までのラーメン屋にはなかった、カフェのような空間が味わえます。


【純愛うどん なでしこ】



◆おすすめメニュー

近鉄布施駅の南、プチロード広小路をしばらく行くとすぐ右手に見えてくるのが「純愛うどん なでしこ」。なでしこの看板メニューといえば「超肉厚きつねうどん(700円)」。器におさまり切らない大きさでボリューム満点です。その厚みはなんと4cm。国産小麦100%で作られたうどんは、コシがあり出汁との相性抜群。カレーうどんや天ぷらうどんなどメニューも豊富でリピーター続出の人気店です。


◆おすすめポイント

なでしこのこだわりはうどん以外でも現れています。うどんを食べるための箸は国産檜を使用。卵は、無洗浄の自然卵、油は綿実油というプレミアム油を100%使用するなど極力無添加のものを使い、体に優しいものを食べていって欲しいとの店主の思いが込められています。


【天理スタミナラーメン 東花園店】



◆おすすめメニュー

東大阪といえばやっぱりラグビー・花園が真っ先に思い浮かぶ人も多いはず。その花園ラグビー場の最寄り駅東花園駅からまで続く一本道。通称スクラムロードの一角に立ち並ぶのが「天理スタミナラーメン 東花園店」です。おすすめメニューはお客の大半が頼むという「スタミナラーメン(700円)」。おいしさの秘密は炒めること。中華鍋でたっぷりの野菜、豚肉を火にかけることで独特の香ばしさを出しています。こってりだけど、油っこくない、豚骨ベースのスープは、学生にも大人気です。


◆おすすめポイント

土地柄ラグビー選手がふらっと立ち寄ることもあるんだとか。平日ランチ限定で替え玉が無料。ライスの大盛りはずっと無料です。毎日働いてお疲れモードなサラリーマンもこれを食べると元気が出ること間違いなし。もちろんラグビー観戦前の腹ごしらえにも最適です。

東大阪おもてなしメニュー“ラグビーめし”「花園丼」が最優秀に

投稿日時:2017/03/15
[リポート ─ グルメ, イベント]

東大阪が世界のラグビーファンをもてなす“ラグビーめし”を開発。
最優秀賞には花園の鮮やかな芝とラグビーの爽やかさを兼ね備えた「花園丼」に決定しました。

 

3月14日、東大阪ツーリズム振興機構は東大阪おもてなしメニュー“ラグビーめし”のお披露目式を開催しました。

東大阪市に新たな食メニューを開発しようという企画。ラグビーファンをもてなす文化を東大阪市内の飲食店に広めようと、昨年12月より「東大阪おもてなしメニュー開発推進委員会」を設置しました。広くメニュー案を公募すると、東大阪市内外から45件のメニューが。厳正なる審査の結果から、優秀賞に輝いた3作品をお披露目。さらに最優秀賞を決定すべく、東大阪市内の有識者に審査員として参加いただきました。

 

この日披露されたのは、ラグビーボール型のメンチカツとトマト、小松菜などで彩った「花園丼」。牛肉に春菊、紅ショウガなど華やかな色合いの「すきやき風花園うどん」。牛すじカレーとどて焼きのあいがけの「東大阪ラグカリー」です。応募者の手で作られたメニューは、審査員の元へと配られ実食、そして投票です。

 

続いて、おもてなしメニューと並行して開発していた「高校ラグビー部の合宿メニュー」も紹介。公益社団法人大阪府栄養士会スポーツ栄養研究会の捧(ささげ)園子会長による詳しい解説がなされました。

 

式も終盤に。ここで初めて3名の応募者が登壇。投票結果が発表され、「花園丼」の山崎カオリさんがみごと最優秀賞を獲得しました。山崎さんは、大阪府出身のラグビーファンで、ラグビーに貢献したいと応募。三色丼やタコライスからヒントを得て、爽やかさとSNSで拡散されやすい彩りを意識したとのことでした。

 

野田義和東大阪市長も「東大阪のおいしいものをたくさんの人に知ってもらえるきっかけにもして欲しい」と語っていました。

 

今回、優秀賞に選ばれた3作品は、東大阪市内の飲食店で取り入れてもらえるよう、東大阪ツーリズム振興機構で働きかけるなど引き続き取り組んでいきます。

 

<上の写真は左から、平井隆嗣さん、山崎カオリさん、木村昭子さん>

東大阪ラグカリー

花園丼

すきやき風花園うどん